HOME > 矯正治療について



矯正治療の種類

 矯正治療には、Ⅰ期治療(早期治療)とⅡ期治療があります。

Ⅰ期治療は、乳歯の時期や永久歯への生え変わりの始まったまだ早い時期に、顎の成長発育を利用して、骨格的な不正を改善するような矯正治療をいいます。
 治療期間は約半年~2年程です。
上下どちらかの顎の成長が悪く、咬み合わせや横顔のバランスが悪い時にその成長を促し、正しい成長発育に戻す治療を行います。

Ⅱ期治療とは、全ての歯にブラケットと呼ばれる装置を付けて行う、最終的な矯正治療です。

  子どもの場合、永久歯に生え変わっていく途中の10才頃から治療を開始しますが、大人になってからの治療も充分可能です。


治療期間は歯列不正の少ない方ですと1年程で終了する場合もありますが、通常2年前後かかります。



矯正治療を始める時期へのアドバイス

歯並びの状態にもよりますが、治療の開始時期は、早めに(乳歯だけの時期でも)ご相談ください。

骨格的な不正がある場合、成長発育の時期に合わせた治療をすることができます。しかし、なにもかも早く始めればよいとは限りません。治療開始時期を遅らせる事によって、良い結果が得られることもあります。その判断をするためにも、早めのご相談をお勧めします。



アンジュ矯正歯科の特色

 アンジュ矯正歯科では、通常の矯正治療の他に、デーモンシステムと呼ばれる新しいシステムと、歯の裏側に装置を付ける舌側矯正を行っています。

 デーモンシステムは、アメリカのDr.デーモンが開発した治療システムで、このシステムを用いることにより、従来の矯正治療で加える力よりもずっと小さな力で歯を動かすことが可能となります。
 このことにより歯や歯肉、それを支える骨への無理な力がかからず、痛みも少なく、治療することが可能となりました。
 その他のメリットとして、治療期間が短くなる、通院間隔が長くなり、来院の回数も減る、歯を抜かずに済む可能性が高くなる、などがあります。

 舌側矯正は、歯の裏側にブラケットを付けて行う矯正治療です。
 この最大のメリットは、表から見えない、つまり矯正をしていることがわからないということです。
 また、従来に比べて小さな装置を使用することで、歯の裏側に装置が付くことによる発音や食事のしづらさが少なくなりました。



治療の進め方

① 初 診
お電話でご予約の上、ご来院下さい。簡単な診査・問診を行い、治療についてのおおよそのご説明を致します。治療に関する疑問・心配事などございましたら、ご質問ください。


② 精密検査
矯正治療の計画を立てるための資料を集めます。歯や顔の写真・レントゲン撮影・歯型などを取り、歯の位置や顎の状態を精密に診査します


③ 診断・検査結果の説明
検査結果を分析し、診断します。この診断をもとに、治療計画・使用する矯正装置・治療期間・治療費などについてご説明します。


④ 治療開始
ご納得いただいた上での治療計画にそって、治療を開始します。装置装着後は、3~10週に1度の調整を行います。使用する装置や状態により、この調整間隔は変わってきます。


⑤ 保 定
歯を動かす治療が終了した後、今まで付けていた装置を除去し、移動させた歯が骨の中で安定するまで、リテーナーと呼ばれる装置を使用します。